持ち歩ける電波|評判のDMMmobileやwifiの秘密【MORE快適通信】

持ち歩ける電波

ワイファイ

いつでも繋がる

海外旅行に行く際に、中部国際空港などでwifiルーターをレンタルしているのを見かけた人もいるでしょう。このwifiルーターを普段から使っている人もいます。通信がどこでもできるようになったとはいえ、通信契約をしていない端末はインターネットを自由にすることができません。喫茶店やファーストフード店ではフリーwifiスポットを設置しているところもありますが、wifiルーターを個人的に契約すれば、いつでもどこでも自分だけのフリーwifiスポットが作れます。

Gをチェック

海外では国内で契約しているwifiルーターは使えませんので、海外での回線を借りることができるwifiルーターをレンタルする必要が出てきます。契約の際には3Gや4GもしくはLTEのプランどちらかを選ぶことになります。それぞれ最高速度が違ってきますが、最低限の通信をしたいという人は3G、快適に使いたいという人には4Gがおすすめです。

海外でこそ必要になる

海外では土地勘がないので、日本でよくやるように「前の人についていけば大きな道に出る」などという道に迷ったときの対策法は通用しません。調べものなどもたくさん出てくるでしょうし、やはり海外でも快適な通信ができるように準備すべきです。

様々なメリットがあることに気付こう

海外でマップ機能を使えますか?

wifiルーターを契約しているなら、その電波を使ってインターネットをすることが可能です。地図アプリはその携帯にすべてのデータが入っているわけではなく、通信機能を使ってナビを起動させるので、インターネット環境が必要です。

どんな国でもレンタルwifiは使えますか?

契約する通信業者を選ぶことが大切です。業者によっては主要各国ではない国であっても利用できたり、wifiルーターを使える国の数を多く設定していたりすることがあるので、東南アジアや中南米に行く際は調べてみましょう。

翻訳アプリを使いたいです

海外では違う言語を喋ることも多いですが、翻訳アプリを使う際にも、wifiルーターを契約していると便利です。翻訳の速度が遅いと困ってしまいますが、4Gの契約をしているなら素早く翻訳の結果が出てくるのです。

広告募集中